FC2ブログ

活動の備忘録

アマチュア無線関連の日々の活動について備忘録として書いてゆきます。

CWインベーダー改造失敗のメモ

2019-06-09
未分類
CWインベーダー改造失敗のメモですので、これを試しても改造には成功しませんが、無用な失敗は避けられるかもしれません。

CWインベーダーのページ

キットに含まれているLCDが私には小さく感じたので、大きなものに載せ替えようと思ったのが改造のきっかけですが、
複数の改造記事が出ていますので、そのまま真似すれば良いものを手持ちの部品の活用をと思ったのが運の尽き。知識は増えたが結果は得られず。



手持ちのLCDは、1602 LCD
1602LCD.jpg

II2(I2C)インターフェースモジュールは、写真のような物。
1602_IIC_IF.jpg

CWインベーダーの説明書から、LCDはIIC接続であるとこと、そのアドレスは0x3Eであることを作者に確認。
写真の形のIICインターフェースモジュールには2種類のチップのVersionが存在し、片方は0x38〜0x3Fの間のアドレスを設定できる(PCF8574AT)が、もう片方は0x20〜0x27(PCF8574T)となっている。AMAZONやAliExpressで安価に入手できるが、現在販売されているものは、ほとんどが後者のようで、商品写真では、PCF8574ATが写っているにも関わらず、商品説明では、アドレスの設定範囲が0x20〜0x27となっていたりで、3つ入手してみたところ、3つとも0x20〜0x27の(PCF8574T)のVersionでした。
結果としては、PCF8574ATのチップのみ入手して載せかえ、無事0x3EのアドレスでIICをEnableすることができました。

Raspberry Piでテストした感じでは、想定通りキャクターを表示できたのですが、CWインベーダーに接続しても、カーソルが出るだけで正しい表示が得られませんでした。

最終的にLCDのコントローラーが、手持ちのものは、SPLC780Dまたは互換で、CWインベーダーに使用されているLCDは、ST7032ということが、最後の最後になってわかり、諦めることにしました。
スポンサーサイト



ディスコーンアンテナ

2018-05-09
アンテナ
SDRの受信用と、6mのEsに向けて、DIAMONDのD130を設置しました。

実は、設置の直前まで、50MHz用の1/2λの垂直アンテナを色々と試行錯誤していたのですが、どうしてもSWRを2以下にすることができず、これを断念し、D130となりました。
D130は、50MHzは20Wまで送信可能なのですが、変更申請をして50Wにしたいと考えていて、そうすると耐入力が足らないのと、諦めた1/2λの垂直アンテナよりも送信効率が格段に悪い結果となったため、改造を敢行。垂直エレメントを1/4λのフルサイズにしたところSWRも実用の範囲内に入っています。他のバンドの高い周波数も遜色ない感じです。
自己責任ですが、これで50Wも余裕で耐えてくれることでしょう。


D130は、50MHzに対応するためと思われるローディングコイル入りの垂直エレメントがあり、これでかなりのロスがあるのではないと考えています。

MMANAでD130の実寸を入力してシミュレーションをして見ました。


D1300AM

RTL SDR用に、RF-AMPと可変アッテネーター

2018-02-17
活動計画
下記のパーツを調達しました。
BGA416: RF Cascode Amplifier
HSMP-3816: Quad Pin Diode Pi Attenuator
SKY13317-373LF: pHEMT GaAs SP3T Switch

全て、表面実装のチップ部品なので、これはもう基板も起こさないと無理そうなので、Ki CADを勉強して、安く基板を作ってくれる業者にお願いすることにします。

こうなってくると、リフロー炉とか、また色々欲しいものが出てきます。

RTL-SDR コンバーター付き

2017-08-28
活動計画
取り掛かりが遅く、夏休み中には間に合いませんでしたが、前の週末にひとまずケーシングまでできました。
局発のレベルが高すぎるのか、AMではあちこちで文化放送が聞こえます。
一応HFもそれなりにCWもSSBも受信できたので、気が向いたら信号レベルなどをいじって見ようと思います。

201708282301102e0.jpg

RTL-SDR用アップコンバーター

2017-07-22
活動計画
途中、ダイレクトサンプリングの方法なども見つけましたが、結果的にアップコンバーターを作ることにして、ケースにはRTL-SDRも一緒に格納することを考えています。
まずは、回路から。
市販のDBMがなかなか簡単には手に入らないことがわかったので、トロ活を参考に作ることにします。ダイオードは昔買ってあった十数本の1SS106から4本選んでいます。

Up Converter

部品の数が少ないので、生基板にルーターでランドを作って、表面実装してゆこうと思っています。

Designed by yukihirotsutsumi (template: JF1VRU-universe3c)

Powered by FC2 Blog

Copyright © JF1VRU All Rights Reserved.