活動の備忘録

アマチュア無線関連の日々の活動について備忘録として書いてゆきます。

カテゴリー: MRF255 リニア  次のページ »

MRF454

2013-08-16
MRF255 リニア
MRF255のリニアの実力を引き出せないまま現在に至っていますが、MRF454x2の出物があったので、購入し到着待ちです。
待っている間に回路の検討をしようと思います。

その前に、大きな勘違いにすぐ気がつきました。てっきりMRF454はMRF255と同様のMOS-FETだと思っていたので、単純に載せ換えればいいや位の気持ちていたのですが、なんと、NPNトランジスタではないですか。
ということで、甘い夢ははかなく消え、トランジスタ回路の検討をすることになりました。

ほどなくして、AN726および、EB36というモトローラの資料を探し当て、基本これに沿って作れば安全に動作させられそうな雰囲気です。MRF454x2で140Wとあります。

ANはApplication Noteで、EBは、Engineering Bulletin

さらにこのアプリケーションノートの回路のキットを売っているサイトもありました。
http://www.communication-concepts.com/

石込みで、$136とリーズナブルな値付けですがこれは置いておき、AN726とEB36を読むことにします。

バイアス回路にMC1723が使用されていて、温度感知用のTrがDiとして使われています。ここも調べないと進めません。NJM723は秋月で売っているので近くに行ったときに仕入れてきます。

こちらも長いProjectになりそうです。
スポンサーサイト

テーマ: アマチュア無線
ジャンル: 趣味・実用

MRF255販売復活

2013-02-27
MRF255 リニア
また、追加の入荷があったのか、MRF255の販売がレール(20個入り)のみ復活したと、JG7SFR/1さんよりお知らせがありました。

うれしいことではありますが、これはこれで20個 14,000円のストックはできないな~と思っています。

1月号のCQ誌に50MHz用のリニアの製作記事がでたから復活となったのでしょうか?

Output Transのテスト

2013-02-03
MRF255 リニア

先日入手していた、#43材の角型コアと、#31の円筒形コアそれぞれをテストしてみました。
上にあるのが、通常使用している#67のコアと同形状の#43コアです。大きさの比較のために
掲載しています。

結果としては、どちらもコアも、現在の#67材のコアに比べ2割程度出力がDOWNしました。
高域補正のコンデンサーは、追加していません。

次回は、既存コアと同じように一次側を銅パイプに変え、高域補正コンデンサーの調整もしてみたいと思います。

Newコア0203

テーマ: アマチュア無線
ジャンル: 趣味・実用

新しいコア到着

2013-01-05
MRF255 リニア
元旦に書いたフェライトコアが到着しました。

上が、43材のメガネコア。大きさがとても良い感じなので、期待できます。左下が31材のコアで、これを2個バインドし、トランスにします。右下は、途中のテストで使用した68材のFT50 x5個 x2です。サイズの比較用に一緒に撮りました。
メガネコアのサイズは、約28mm x 28mm x 14mmです。

Newコア

各コアの結果は追って備忘録として掲載します。

テーマ: アマチュア無線
ジャンル: 趣味・実用

MRF255特売終了

2012-11-25
MRF255 リニア
JG7SFR/1さんのBlogに、秋月のWeb PageからMRF255が消えたと紹介されていました。
すぐさま秋月のWebをチェックしたところ、確かに出てきません。

売り出されてから2年以上経ち、な~んだ結構売れないものなんだと思っていましたが、とうとうその時が来ました。三郷店に電話で確認したところ、”バラならまだ店頭在庫があります。”とのことでしたので、先ほど4つばかり仕込んできました。
これで最後になるでしょう。飛ばさないように大事に実験しないとなりません。

MRF255x2.jpg


テーマ: アマチュア無線
ジャンル: 趣味・実用

Designed by yukihirotsutsumi (template: JF1VRU-universe3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © JF1VRU All Rights Reserved.