活動の備忘録

アマチュア無線関連の日々の活動について備忘録として書いてゆきます。

カテゴリー: VFO-230

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VFO-230病気再発再治療

2010-02-21
VFO-230
月初に修理したはずのVFO-230の不具合がまたもや再発しました。
http://jf1vru.blog65.fc2.com/blog-entry-31.html

症状は前回と同じです。VFO-230には、マイコンが搭載されていて、このマイコンからUp-Down判定回路に1つ信号が出て行くのですが、この信号が、Downの時に連続して出ていてどんどん周波数が下がって行きます。

当初、バカの一つ覚えのようにマイコン周辺の電解コンデンサを疑って、全部交換してみようと思っていたのですが、
ロータリーエンコーダーから、Up-Down判定回路周りの信号を調べているうちに正常に戻ったりしました。

前回基板の裏の状態がよくなかったので汚れを磨いて落としたと書きましたが、半田の劣化も疑わしいです。
ICのピンをプローブで押したことで導通が戻ったのかもしれません。

ということで、今回は、Up-Down判定回路と、マイコン周辺の半田を吸い取りながら半田をし直してみました。
光を失っていた半田につやが取り戻されました。

とりあえず、不具合は再現されなくなったので、またしばらく様子を見てみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ: アマチュア無線
ジャンル: 趣味・実用

VFO-230のメンテナンス

2010-02-06
VFO-230
VFO-230の不具合を今日は何とかしようと思い、

備忘録なので、いじる前の状態も記録しておかないとと思い、動画を撮ってみましたので、ご覧ください。



百聞は一見にしかず、不具合の様子がよくお分かりいただけると思います。周波数を上にあげてゆくのには何のストレスもないのですが、下げようとするとバンドエッジの下まで勝手に降りていってしまいます。

そして下が修理後の様子です。普通の動きなので、何も面白くありません。



<活動の備忘録>
蓋を開けて、基板を外してみると、半田面に何かが変化したような汚れが所々付いていました。いかにもこれが絶縁不良を起こしています。と言っているようでした。なので、古い歯ブラシを使って汚れを落とし、壊れているか確認しませんでしたが、エンコーダーのUP-DOWN判定回路にある電解コンデンサー C113 47μF, C114,115 1μF を予防保守的に交換しました。結果は上の動画の通りです。パチパチパチ。様子を見ながら使おうと思います。

<今後の活動>
動画を見るとわかるのですが、VFO-230とTS-830の周波数表示が100Hzずれています。実用上あまり問題がないので今日は作業せず、次の機会に調整しようと思います。

テーマ: アマチュア無線
ジャンル: 趣味・実用

Designed by yukihirotsutsumi (template: JF1VRU-universe3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © JF1VRU All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。