活動の備忘録

アマチュア無線関連の日々の活動について備忘録として書いてゆきます。

カテゴリー: Winlink2000

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Winmorの変更届完了

2014-09-14
Winlink2000
今回は、審査中から審査終了まであっという間でした。何の質問もなく、通ってしまいました。
これで、Winlimk2000のGateway局に無線(Winmor)でリンクしてメールを転送することができます。

Winmor変更届

PACTORは、以前から有名ですが、Winmorについては、日本での書き込み皆無といってよいほど見かけません。Winmorは、Pactorの良いところを特許に抵触しないレベルでとりこみ、PACTORのような処理をPCのDSPによって実現したものです。特に英語の資料しか出回らないので、日本では避けられているように思いますが、非常時を考えると、HFで到達可能な海外のゲートウェイ局が複数あり、有用な通信手段の一つとなり得ると思います。

メールはシングルバイトしか通らないのですが、Base64エンコードを介することで、日本語でもやり取りをすることができます。http://www.base64decode.org/

Winlink 2000 Global Radio Email公式ページ:
http://www.winlink.org/

スポンサーサイト

アマチュア無線の電波で電子メール

2014-08-21
Winlink2000
私も理解するのに少し時間がかかったのですが、アメリカを中心に欧米では、Winlink 2000という電子メールやチャットなどができる仕組みが活用されています。

この仕組みは、非常に高度なデジタル通信(PSKやRTTYにはないエラー訂正を持つ)プロトコルが使われていて、数年前までは高価なPACTORプロトコルを搭載したモデムが必要だったのですが、WINMORと呼ばれるSoftwareとPCのサウンドカードでPACTORに近い機能を実現できるものがリリースされ投資の敷居が一気に無くなりました。

PACTORの世界で著名なOMにWINMORを紹介いただき、きちんと運用するための準備を始めました。

WINMORに関しては全く日本語の情報が出回っていないので、日本でWINMORのS/Wをダウンロードした局はほんの数局しかありません。

備忘録として少しわかってきたことを少しずつ書こうと思います。

Designed by yukihirotsutsumi (template: JF1VRU-universe3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © JF1VRU All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。