活動の備忘録

アマチュア無線関連の日々の活動について備忘録として書いてゆきます。

カテゴリー: アンテナ  次のページ »

スポンサーサイト

--------
スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MFJ-1786 MLA稼働

2016-05-15
アンテナ
ゴールデンウィーク中に何とかコントローラーを使える状態にできたので、昨日と今日にかけて設置しました。
当初はマストを伸ばし、屋根の上まで上げてしまおうと思っていたのですが、見かけによらず重量があり、断念し、写真のとおりベランダの高さとなりました。

MLA160515S.jpg

6.5mのアルミパイプ+ATUのアンテナと比較すると、格段にノイズが少なく受信性能が高いです。早速YJ0が出ていたので、参戦してみたところ、5分くらいでCALL Backがあり、送信もきちんとできているようです。

難点としては、一度のチューニングで使える幅が狭いので、周波数を動かすたびに調整しなければならないのと、とても調整がクリティカルであるということがあります。


スポンサーサイト

この連休中に仕上げたい。

2016-04-30
アンテナ
杉本OMにクロスニードルのメーターをいただいたので、穴あけまではだいぶ前に終えていました。SWR測定ユニットも組み込みます。
やっとまとまった休みが取れたので、この休みこそはMLAを使えるようにしたいと思います。


MLA Controller S

すごいのろのろですが、ほんの少しずつ進行しています。

MLA用のコントローラーを作っています。

2016-01-24
アンテナ
無線のアクティビティーに比例して、このBlogの更新もかなり滞っていますが、完全停止はしていません。
正月のQSOパーティーもなんとか20局クリアーしてシールが今年も届きました。再開局してちょうどNew Year PartyのNから始まり、7枚目のRまで来ました。

さて、本題です。
昨年秋にMFJ-1786というマグネチックループアンテナ本体を譲っていただいたので、コントローラーを作っています。
製品に付属しているコントローラーには、クロスニードルのSWR計などが付いていてとてもかっこ良いのですが、そこまでまねていると何年たっても使えるようにならないので、(すでに数カ月も経過しています)最低限の操作ができるようにすることを目標にしています。

マニュアルや、現物そしてInternet上にある記事などを参考にして添付の回路として、この週末は形から入るということでケース加工をしました。

ベランダからマストを伸ばして屋根を超す高さに上げようと持っているのですが、エアコンの室外機が邪魔をしていて作業が難しそうです。

MLA Controler

うまく動くようになったらレタリングもしようと思っています。
MLA control box



CP6がマイナーチェンジしてCP6Sに

2015-08-09
アンテナ
今日久しぶりに電波を出そうとアンテナをチェックしたところ、6mと10mしか使えなくなっていました。毎度のトラップ故障と思い、修理済みのWトラップと交換してみましたが、結果は同じでした。もういい加減換え時なのかもしれません。

CP6の値段を調べていたら、CP6Sなるアンテナが出ていました。実売価格で1万円ほど上がっています。

http://www.diamond-ant.co.jp/news/index.html#CP6S


アンテナ自体の性能は変えずに、質問やクレームの多かった点の改善が施されているようです。

めっきりオンエアーすることも減っていますので、とりあえず、7mエレメント+ATUで電波は出せるので様子見をしてみます。


CP-6のトラップコイルはなぜ断線するのか

2014-10-27
アンテナ
今年は大型の台風が何度も東京付近を通過しました。当初のふれこみほど強力ではありませんでしたが、我が家のCP-6のトラップを断線させるには十分な威力を持っていました。

今年は、一番したのトラップが断線しました。
修理も慣れっこになって来たので、このまま修理を続けて10年でも15年でも使ってゆこうかとも思っています。
前回の修理では、トラップの筒を外してその後ホットメルトで、穴を塞いで筒を止めていたのですが、流石にこれが強度不足だったようで、一番力がかかる一番下のとラップがやられました。外して見ると確かにホットメルトも取れていて、グラグラしていました。
今回は、コイルの巻き始めとエレメンの接続部分にネジを切り、ラグを使って接続し、中間の筒との接続部分の金具も破損して再起不能状態だったので、ここもラグとナットをくっつけて修理しました。

CP-6 トラップ内部

さらに筒の穴を開けた部分の絶縁部分にもネジを切ってプラスチックネジで固定します。これでぐらつきもなくなり、長持ちしてくれることでしょう。

CP-6 ねじ


次に壊れる時は、トラップではなく、アルミパイプであることを願います。

続きを読む

テーマ: アマチュア無線
ジャンル: 趣味・実用

Designed by yukihirotsutsumi (template: JF1VRU-universe3c)

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ

Copyright © JF1VRU All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。